盲亀の浮木  序破急の如く


by tohisuyah
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

全蹼目

八つ潜けて 落日仰ぐ 波間の鵜

大波小波。
大きな悩みは、小さな悩みを駆逐する。
他人様の悩みを引き受け、自分の悩みを消す作業を仕事という。
吐いた唾は呑みこめぬ人間も、鵜が吐いた鮎は頂いている。
さまざまな情報を鵜呑みにして、踊らされ、
大不況の憂き目をみる落日の時だが、日はまた反対側から昇る。

[PR]
by tohisuyah | 2009-06-26 13:29 | 四季