盲亀の浮木  序破急の如く


by tohisuyah
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

矛盾

ネイマール 蹴れども受ける オチョアかな

地球の裏から映像が届く。
FIFAワールドカップ。
スペインが2-0でチリに敗退。
チリのドリブル突破で無敵艦隊撃沈す。
攻撃は最大の防御、防御は最少の攻撃。
ゴールキーパーが完璧であれば、けれども蹴れども戦意を失う。
グループA、0対0で終わったブラジル対メキシコ戦。
メキシコのゴールキーパー13番オチョアは、ネイマールのアタックを悉く撥ね返し、まるでバレーボールの選手の如く、レシーブしていた。
ハンドを嫌うサッカー選手は、ゴールキーパーには不向きか、手の長いバレーボール選手を鍛えれば強い盾となるに違いない。
一方、攻めは、ボールを持てば、3か4か5でゴールすればパー。
脱兎の如く突破して一発で入れればゴールインワン。
ホールに向ってしか打たないゴルファー精神で、無駄な球休みを省けば、バーディー・イーグル続発。
ゴールラッシュの矛となる。
我がジャポン。
バレーボールの盾を手に、ゴルフの矛を足にすれば、ワールドカップ優勝も夢ではないかも。

[PR]
by tohisuyah | 2014-06-20 00:18 | 四季