盲亀の浮木  序破急の如く


by tohisuyah
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

みどりの風

国会や うちわの風で うちわもめ

昨日の参院予算会。
松島みどり法相が地元の祭りでうちわを配布した事は、公選法違反であると野党が追求。
うちわは有価物か無価物かの不景気な話である。
事の是非は別として、最近の日本から失われたものの一つにサービスがあげられる。
過剰な利益供与はコンポラ違反であるが、ちょっとした気使いやお愛想は、所謂おもてなしの範疇である。
人間以外の動物は皆手ぶらであるが、挨拶や名詞代わりは、人間関係の潤滑油として口ほどの機能を果たしてきた。
あの荒船清十郎さんなら、「あれはうちわにしてうちわにあらず、暑いから風を送ったまで」と言ったかも知れない。

[PR]
by tohisuyah | 2014-10-09 07:10 | 四季