盲亀の浮木  序破急の如く


by tohisuyah
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

極月

冬の空 過去から使者が やってくる

夢か現か?
脳みその奥にインプットされた光景が、時間の浪間を浮き沈みする。若い頃見た初老の人に自分が近づいている。
あの老人は果たして、将来の自分だったのか?
それとも、記憶のシュレッダーから逃れた、只の他人様の映像に過ぎなかったか?
過去も未来も、現在を境に夢うつつ。

[PR]
by tohisuyah | 2015-12-01 20:18 |