盲亀の浮木  序破急の如く


by tohisuyah
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

月と雁 紅葉狩り 

冴え渡る 秋のまん中 月鑑

凛光が、塵も埃も吸い上げて、張り詰めた空気を渡っていく。
昼は、紅葉の赤が渡り、夜は月に雁が渡っていく。
かぐや姫もこんな夜に渡って行ったのだろうか・・。
天蓋のまん中に穴を明けたような月の引力。

[PR]
by tohisuyah | 2008-10-16 08:32 |