盲亀の浮木  序破急の如く


by tohisuyah
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カフカの城門

はるかなる カフカの城に 冬篭り


可か不可か、幸かい不幸かい、人の行く手には迷路のような阿弥陀さま。
春には春知らず、夏には夏知らず、秋冬となりて過ぎたるを知る。
実は、カフカは朝には城に辿り着いていた。
よって、夕暮れまで韃靼人の守る閉ざされた門前で、悶々とする退屈な時間を過ごしてしまったに相違ないが、城に入ったか否かは定かではない。

[PR]
by tohisuyah | 2009-01-19 23:22 |