盲亀の浮木  序破急の如く


by tohisuyah
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:四季( 783 )

鳥取圏

鳥に取る  空に梯子の  残り柿
e0088158_20494364.jpg

[PR]
by tohisuyah | 2014-12-01 20:52 | 四季

相殺

円安く 小春日和に 油売り

円安で輸入製品が高騰する中、原油価格暴落の為、ガソリンや灯油価格は落ち着いている。
OPECの原油減産見送りは、油もあるが金もあるオイルマネーを、原油先物市場で売りヘッジしているからに違いない。
消費税を上げれば、消費が下がりデフレを喚起する矛盾にも似た桶屋の油売り。

[PR]
by tohisuyah | 2014-11-29 00:38 | 四季

Fossa Magna

大地震 白馬神城 堀之内

午年に 白馬鳴動 善光寺

善光寺 弘化四年の 大地震

[PR]
by tohisuyah | 2014-11-24 15:13 | 四季

乱学事始

さつまいも 勝利の女神 降臨す

緒方洪庵(備中1810~1863)の蘭学塾は、
福沢諭吉(中津1835~1901)や
橋本左内(越前1834~1859)を輩出。
その緒方の先生は、宇田川玄真(伊勢1768~1834)、
その又先生は、大槻玄沢(仙台1757~1827)。
その又先生は、杉田玄白(江戸1733~1817)、
前野良沢(中津1723~1803)。
それら蘭学者の始祖が、
享保の大飢饉を薩摩芋で救った青木昆陽(江戸1698~1769)だった。
カープ解体新書を読み解いて、
果たして緒方孝市新監督(鳥栖)は、
中條かな子(広島)を優勝の女神とするや否や。

[PR]
by tohisuyah | 2014-10-14 23:46 | 四季

みどりの風

国会や うちわの風で うちわもめ

昨日の参院予算会。
松島みどり法相が地元の祭りでうちわを配布した事は、公選法違反であると野党が追求。
うちわは有価物か無価物かの不景気な話である。
事の是非は別として、最近の日本から失われたものの一つにサービスがあげられる。
過剰な利益供与はコンポラ違反であるが、ちょっとした気使いやお愛想は、所謂おもてなしの範疇である。
人間以外の動物は皆手ぶらであるが、挨拶や名詞代わりは、人間関係の潤滑油として口ほどの機能を果たしてきた。
あの荒船清十郎さんなら、「あれはうちわにしてうちわにあらず、暑いから風を送ったまで」と言ったかも知れない。

[PR]
by tohisuyah | 2014-10-09 07:10 | 四季

間戸

窓の内 景色消されし 窓の外

御嶽の山小屋に降る火山灰。
見る見る内に窓の景色が消され真っ黒の世界。
窓の景色がシャッターを下ろす瞬間は恐怖の時間。
君子でなくとも危うきに近寄らず。

[PR]
by tohisuyah | 2014-10-01 09:02 | 四季

御嶽さん噴火

御嶽や 継母継子 摩利支天

二の池に 三日月映し 月の海

御嶽や 白馬乗鞍 火山帯

[PR]
by tohisuyah | 2014-09-28 07:14 | 四季

雌蘂

また咲いた 月下美人の 白花毛
e0088158_8291378.jpg

[PR]
by tohisuyah | 2014-09-01 08:29 | 四季
マッカーサー 降りた厚木は 座間のそば

終戦の日から半月後の8月30日。
マッカーサーが、コーンパイプを銜えて厚木飛行場に降り立った日。
(今日は何の日から)日米の戦いは、カルタゴとローマのポエニ戦争に例えられる。
(森本哲郎より)
上野の西郷さんや桂浜の竜馬像よりはるかに大きい仁川のマッカーサー像は、ザマの戦いのスピキオか。
BC200年頃の地中海の覇権をめぐっての争いは、21世紀になっても海洋資源やらの覇権で繰り返される。

[PR]
by tohisuyah | 2014-08-31 00:46 | 四季

音と覚醒

ナベサダの 笛の音響く 深夜便

草木も眠る丑三つ時。
渡辺貞夫の軽快なスイングが流れてくる。
音は耳から入って、眠っている体の機能を覚醒させる。
音にも様々あって進軍ラッパもあればジャズもある。
広島土砂災害から10日目、滝のように降る雷雨の音で目覚めるより、カりフォルニアシャワーが良い。

[PR]
by tohisuyah | 2014-08-31 00:42 | 四季