盲亀の浮木  序破急の如く


by tohisuyah
カレンダー

<   2009年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

紅白

赤ありて 白陰放つ 大仙花

陽ありて陰あり。
陰ありて陽あり。

陰陽ありて紅白あり。 

e0088158_22162111.jpg

[PR]
by tohisuyah | 2009-05-31 22:16 |

夏のお客様

夏つげる コックローチの 夜明け前

映画パピオンでは、マックィーンがゴキブリを潰して喰うシーンがあった。
が、人間にとってゴキブリは、因習的無条件に駆除する存在にしかなく、そこから先の考えは及びもつかない。
皮肉な事に、ゴキブリを一番よく知っているのは、ゴキブリ防除に、日夜余念のない、殺虫剤メーカーに違いない。

[PR]
by tohisuyah | 2009-05-30 16:28 |

杜若 菖蒲

かきつばた あやめと競う 菖蒲園

いずれが、あやめかかきつばたの、美の競演の季節。
GM破産法申請提案とのこと。
駅馬車経済のなれの果てか?
大儲けすれば摩天楼。
勝負に負ければリストラと破産の博打経済。
これでは、あやめとかきつばたの違いは、判るまい。

[PR]
by tohisuyah | 2009-05-29 16:34 |

Q&Aもしくは窮&栄

紫陽花に 雷つきの 驟雨なり

日々降り注ぐ強欲の雨。
人間はこれと戦えば、
過剰な競争や戦争をする必要もないが、
欲望に従順な故に、
この世から難題困難問題の絶えることなし。

[PR]
by tohisuyah | 2009-05-28 22:52 |

蛍狩り

海蛍 氷見のみなとの 蛍烏賊

今日は、東京湾の海蛍が開通した記念日。
蛍は、海も川も水のそばであるが、
昨日のNスペ、材料科学の細野秀雄氏。
鉄と砒素で、無抵抗の超伝導合金を発明とのこと。

人間は、爪の垢に火を灯しながらも
「世紀の火」という大発明を
100年に一度は起こすべく、
ノルマを授かっているのかも知れない。

[PR]
by tohisuyah | 2009-05-27 22:14 |

若い季節

蜜蜂や 知るや知らぬや 空の果て

空中を自由に飛び交う蜜蜂は、
空の広さなどおかまいなしに、
せっせと蜜を蓄える。
花の季節の出番をちゃんと弁えて、
花弁に遊ぶ。

[PR]
by tohisuyah | 2009-05-26 16:56 | 四季

雨宿り

緑陽や 雨粒はねて 葉音かな

ねずみの嫁入りか?
晴天にもかかわらず通り雨。
カリフォルニアシャワーのような、軽妙な明るさと音を残して去っていった。
音楽は、自然の調べ、優るとも劣らぬ人間の創造物かもしれないが・・
神にとっては、ただの雑音かも知れない。

[PR]
by tohisuyah | 2009-05-25 16:50 | 四季

龍虎渓

霞立ち 連なる峰は 虎の穴

速水の あふれし川や 龍の滝

[PR]
by tohisuyah | 2009-05-24 09:33 | 四季

風待ち草

蒲公英や 身を毛に利して 時を待つ

咲き終わったたんぽぽは、痩果を風神がさらって天高くまきあげ、風まかせで、世界中に種をまいてくれる。
人間も煙となり、魂は千の風に乗って、世界のどこかに旅立つのかも知れない。

[PR]
by tohisuyah | 2009-05-23 09:36 |

茶の香り

茶柱の 立たぬ湯呑みに 憂いあり

番茶も出花というが、最近は茶柱の浮ぶお茶も、お茶で接待の女子従業員もめずらしくなった。
茶番劇で忙しくなった世間には、縁起の良い茶柱も、愛想の良い出花も脇役となりしか。

[PR]
by tohisuyah | 2009-05-22 21:48 |