盲亀の浮木  序破急の如く


by tohisuyah
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

風の輪郭

大仏や ずっと坐りて 秋の色

洗濯の 夏の終いに 汗の山

ゴキブリを 無駄な殺生と 思いつつ

秋陽を 浴びる樹の葉の 裏表

[PR]
by tohisuyah | 2010-08-31 21:19 |

蜻蛉

洗車機に トンボが 水を汲みにくる

ひと夏に 一つのケルン 鬼ヤンマ

草原を 道案内の とんぼかな

[PR]
by tohisuyah | 2010-08-30 10:30 |

名月赤木山

円高く 輸入産業 肥ゆる秋

資源のない国日本の円高。
固定相場360円時代のクォーター以下である。
原材料が1/4で入ってくる。
国は輸出と輸入の両建産業。


不況という逆ザヤを好況という順ザヤに戻すには、限月格差を利用した戦法スプレッド取引があったよな。
満月は瓜、新月は貝で、お仕手さん国定忠治も今宵限り。

[PR]
by tohisuyah | 2010-08-29 10:05 |

地上の星

秋草に 鈴虫鳴いて 月華かな

隠密剣士秋草新太郎・赤銅鈴之介・月光仮面。
単純明快・勧善懲悪、そんな正義の味方に育てられた昭和の子供らの、築いた社会は混沌。


宇宙が地上に落ちてきて、見送られることもなく草葉の陰の甘露かな。

[PR]
by tohisuyah | 2010-08-28 21:11 | 四季

太陰暦

満月や 熱波にあてられ 黄金色

人は、精子より出でて生死の舞台に終る。
万物も同様に与えられた時間なり年表を刻む時計にしかない。


役割を終えたとき、新しい部品が誕生という繰り返しの廻り合い。

[PR]
by tohisuyah | 2010-08-25 21:59 | 四季

決勝戦

興南か 東海相模 決勝戦
e0088158_1353155.jpg

[PR]
by tohisuyah | 2010-08-21 11:38 |

困苦利井戸

炎天下 つくつく法師 わらぼうし 

夢の中 大蚊たたいて 飛蚊消え

コンクリー 街は砂漠か オアシスか

[PR]
by tohisuyah | 2010-08-20 13:14 | 四季

未来人

命名や 二十二世紀 越えていけ

22世紀まであと90年。
団塊の端くれ世代には及びもせぬが、今、命を得た赤子達は、2100年を越えて生きるかもしれない。
果して22世紀になっても、夏はやはり暑く、人類はあいも変わらず争ってばかりいるのだろうか?

[PR]
by tohisuyah | 2010-08-19 21:55 | 四季

カンコロ

夏さびて 命の群が 去っていく

もつれても カラマーゾフの 姉妹糸

今はなき カンコロ芋の なつかしや

[PR]
by tohisuyah | 2010-08-17 23:33 | 四季

かなかな蝉

ひぐらしや 夏の手仕舞い 終戦日

戦い終わって日が暮れて、けたたましく鳴く茅蜩の声。
茅蜩は何のため、蝉は何のため、人は何のための答えを、教えられずに生かされている。
夏の甲子園の優勝高校も決勝戦が終れば判るように、全ての答えは終ってから。

[PR]
by tohisuyah | 2010-08-16 21:27 | 四季