盲亀の浮木  序破急の如く


by tohisuyah

<   2011年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

裸の火

春宵や 貧者の一灯 宇宙まで

全ての川が海につながるように、夜の闇は、宇宙までつながっている。
本物の火は、たとえ小さくとも、虚飾の万灯に優る。停電が教える宇宙の指先。

[PR]
by tohisuyah | 2011-03-31 22:25 | 四季

インボリュートの目

さまよえる サルガッソ海の 霧と星

大航海時代、帆船の墓場と怖れられたサルガッソの海。
人の叡知が、それを克服したように、津波もやがて静まる時が来る。

[PR]
by tohisuyah | 2011-03-30 21:35 | 四季

おひさま

山ノ神 ふきげんふっとぶ 蕗の塔

エンコウも 澄まねば住まぬ 隅田川

芥川 すこし流れて 五味の川

春の海 いかりを沈め 浮ぶ船

双葉より 常に迷いし 三叉路

[PR]
by tohisuyah | 2011-03-28 12:01 |

聖者

バタヤンの 十九の春の なつかしさ

犠牲者は何の為 
多くの者を救う為
多くの者は何の為 
高台へのぼれと
ラジオ深夜便 
クミコから届いた手紙

[PR]
by tohisuyah | 2011-03-27 18:54 |
若草や こぼるるほどの 麗しさ

お忘れかも知れないが、三大美女の一人クレオパトラとエリザベス・テーラーのどっちが美しいかという問いがあった。
40年前の答えは、エリザベス・テーラーだったが、りズ亡きあとは、パトラに返上か。

[PR]
by tohisuyah | 2011-03-25 22:52 |

ルネサンス

幾重にも 瓦礫の中の 脱皮かな

もったいない
人の命がもったいない
もったいない
流された家や車がもったいない
もったいない
捨てられる野菜がもったいない
もったいない
人の心が
もったいない

[PR]
by tohisuyah | 2011-03-24 12:58 | 四季

春の分けまえ

春やこい 宮古 釜石 気仙沼

♪呼んで届かぬ人の名を、こぼれた酒と指で書く~
1969年のヒットソング「港町ブルース」
この詩で覚えた日本の津々浦々。
東日本大震災の応演歌。

[PR]
by tohisuyah | 2011-03-22 22:51 |

Graduation

満月や 免許皆伝 卒業式

♪ こんにちは ありがとう 魔法の言葉 ♪
このところ連日ながれる ACのコマーシャル。
くどいほどの反復練習が教育の神髄かも知れないが、有事の際のプロパガンダだけは、御免だ土佐。

[PR]
by tohisuyah | 2011-03-20 21:42 |

雪除苦

夢現 窓の外には 春の雪

一人で一年かかる仕事量も、365人でかかると一日で終える。
人海力量神通力をもってすれば、如何なる艱難辛苦も、春の雪の如し。

[PR]
by tohisuyah | 2011-03-20 21:40 |

盗資家

群青や 清濁すべて 梅の宵

買占めは、もう一つの火事場泥棒。
津波で泥と棒ばかりの被災地にも現われる。
店舗から品物を奪うばかりでなく、油や資本まで買い占めて、不景気にする。

[PR]
by tohisuyah | 2011-03-18 23:23 |