盲亀の浮木  序破急の如く


by tohisuyah

<   2012年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

風林火山

金峰山 目と鼻の先 昇仙峡

山笑い 芽と花の咲く 身延山

八ヶ岳 甲斐駒ケ岳 甲府風

(ラジオ深夜便 山梨編から)

[PR]
by tohisuyah | 2012-04-28 23:37 | 四季

椿説弓張月

ヘラクレス ピンチディンプル 春の宵

弓月の少し先に宵の明星金星。
古代ギリシャは、オリンピックの最初の勝者ヘラクレスか、本朝は弓の名手八幡太郎為朝か。
春の夜空に生きている。

[PR]
by tohisuyah | 2012-04-27 23:21 | 四季

亀の甲と年の功

老いぬれば 時の津波が 寄せてくる

誰しも浦島太郎の子孫なり。
いじめられている亀を助けねば竜宮城には届かない。
いじめられている亀とは何か?
殆んどの者がその亀にすら合えずに白髪三千丈の玉手箱。

[PR]
by tohisuyah | 2012-04-26 08:32 | 四季

豊饒の女神

おぼろ陽が ビル街照らす 春の暮れ

ビル街を照らす夕陽もアンナプルナを照らす夕陽も、同じ夕陽に変わりはない。
赤く染まれば、みな同じ。

[PR]
by tohisuyah | 2012-04-25 08:34 | 四季

憲政の神様

アメリケン 桜のあとの 花水木

学生の頃、尾崎行雄のお孫さんとおっしゃる人が下宿の大家さんだった。
当時は、金色夜叉の尾崎紅葉や人生劇場の尾崎士郎と混同していた。
明治45年、尾崎さんが東京市長だった時に米国から桜のお返しに花水木が送られたそうな。

[PR]
by tohisuyah | 2012-04-24 22:14 | 四季

時の壁

鴇は今 佐渡へ佐渡へと ヒナ育つ

音戸にて 清盛祭は 雨の中


平清盛は父忠盛を越えたが、忠盛役の中井貴一は、父佐田啓二を越たかジュニアの壁。

[PR]
by tohisuyah | 2012-04-23 08:11 | 四季

日本書記

白鳥は 村雲の剣 もちて舞う

今年は古事記編纂より1300年。
それに因んで、日本武尊の映画を見た。
三船敏郎・鶴田浩次・田中絹代・原節子・司葉子・香川京子・音羽信子・エノケン・柳家金五郎・進藤栄太郎等・懐かしい出演者の面々(東宝映画昭和34年制作)。
NYD(何でもやれば出来る)会協賛の至福の3時間だった。

[PR]
by tohisuyah | 2012-04-22 02:18 | 四季

あざみ野を 穀雨が洗う うす眉毛

きれいな花には棘がある。
数に嘘あり眉を読まれぬよう眉に唾。
五穀豊穣穀雨の恵み。
五智宝冠虚空蔵の頭。
木魚叩いて初かつお。

[PR]
by tohisuyah | 2012-04-21 22:13 |

石の小島の蟹合戦

春の海 尖閣諸島 爪の先

猫の額か爪の先ほどの、石の小島が争いの種になっている。
広大な中国大陸、余るほど土地はあろうに、わが瀬戸内海にも、あれほどの島は腐るほどある。
にもかかわらず、隣家との境界争いほどの知恵しか出ないのが残念。

[PR]
by tohisuyah | 2012-04-20 22:38 |

初老中老大老

春列島 地震前線 鳴動す

一雫く ツール腐乱す 初漏かな

信玄の 無念を流す 笛吹川

[PR]
by tohisuyah | 2012-04-20 22:35 | 四季