盲亀の浮木  序破急の如く


by tohisuyah
カレンダー

<   2012年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

夏越祭

千年の 夏越の祓い 風呂の中

今日は6月の晦日。
冬春が終わり夏秋の輪をくぐる。
半年の垢を落とす禊ぎの風呂。
一年を半分にして生きれば、人生は倍になる。
光陰のアローカット割り。

[PR]
by tohisuyah | 2012-06-30 09:12 |
時は梅雨 安部公房の 箱男

ドシャブリの情報の雨の中、傘の変わりに、パソコンを頭にかぶった男が、街を闊歩している。
箱をかぶっているので、本人確認が書類でしか不可。
40年ほど前に流行った安部公房の世界が、現実存に。

[PR]
by tohisuyah | 2012-06-28 16:51 |

租庸調

白蟻も 鉄骨ならば 歯がたたぬ

泥鰌総理も、白蟻の味に飽きたのか、所得倍増ならぬ消費税倍増宰相となりにけり。
国民1.2億人も今や格差巣食う品質低下の国家観。
「国民とは誰ぞや」と思った国民は数多。
新刀「繁慶」も刃こぼれか。

[PR]
by tohisuyah | 2012-06-27 11:02 | 四季

銀河鉄道

あじさいの お花畑を ゆく電車

箱根鉄道から小海線、スイスではアイガー鉄道。
電車は、自分で運転しないだけに景色を楽しめる。
ジェットコースターもその延長線としたら、銀河鉄道も夢ではないかも知れない。

[PR]
by tohisuyah | 2012-06-26 20:09 |

鉄輪ぬ鯉

初鮎や 貴船の化身 まるかじり

水の神様、貴船のめぐみ鮎。
鉄輪ぬ鯉は木舟に乗せて、
流す涙は愛(鮎)の川。
生命の陰陽輪廻を占う安倍晴明。
山紫水明魚鳥木、貴船の精。

[PR]
by tohisuyah | 2012-06-25 20:53 | 四季

弓と鞆

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by tohisuyah | 2012-06-24 22:47 | 四季

夏至

夏至の日や 二見ヶ浦は 夫婦岩

芒種より 半月たちて 夏至となり

雨なれど 白夜のごとし 夏至の夕

[PR]
by tohisuyah | 2012-06-21 22:45 |

匠のビッフォーアフター

赤心を 白磁に宿す 巧の夏

どの国にも良い人あれば悪いのもある。
白磁は美しい心を宿す卵。
その美しい磁器を創る民族に汚れなし。
地球卵に国境なし。
地球巨摩郡に淺川巧あり。
やはり、卵ありて鶏があと。

[PR]
by tohisuyah | 2012-06-20 08:39 | 四季

傘売りの楽天

梅雨時期に 八年ぶりの タイフーン

最近では「春雨じゃ濡れて参ろう」
が聞かれなくなった。
雨降らば雨を楽しみ、
風吹かば風を楽しむ中に風流あり。
少しの雨では、傘もささないリス公だからこそ、
サッカーやゴルフのゲームを天から授かった。

[PR]
by tohisuyah | 2012-06-19 09:05 | 四季

月曜日の男

雨あがり 濡れた街路樹 石畳

♪暗い夜が俺を呼ぶ~冷たく響く足音が~影を落としてそして去った~♪(唄 水原弘) 
日本一ハットの似合う男と呼ばれたJJ役待田京介は、何処へ去ったのだろう。

[PR]
by tohisuyah | 2012-06-18 22:27 | 四季