盲亀の浮木  序破急の如く


by tohisuyah

<   2013年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

黄瀬戸

菜の花や 織部織りなす 瀬戸の海
e0088158_6584739.jpg

[PR]
by tohisuyah | 2013-03-29 06:58 |

大山講

雷の 阿夫利の神の 菜種雨

山高ければ水清し。
山はダムでありフィルターでありアイデアル。
昔、植木等の傘のコマーシャルである。
伯耆大山はダイセンと読むが、
阿夫利大山はオオヤマと読む。
命の源流、雨は愛である。

[PR]
by tohisuyah | 2013-03-28 21:39 | 四季

星と霧

望月の 下の桜の 木の下で

人間には、手の届かぬものと、
手に届くものがある。
手の届かぬものは、ただ眺めるだけである。
手に届くものは、小さなものばかり。

[PR]
by tohisuyah | 2013-03-27 13:17 | 四季

犀星忌

木の芽立 山に向かいて 犀星忌

人生は山登りに似て、
故郷の山に向かいて言う事なし。
人は海から生まれて、
さまざまな山を克服してゆく。
山の彼方の空遠く、
幸い住むという山の名は蓬莱山。
室生犀星73年の生涯。
今日は歿後半世紀と一年の歳月。

[PR]
by tohisuyah | 2013-03-26 16:53 |

Nini・Rosso

そよ風に ラッパ水仙 ミニ・ロッソ

黄水仙・房咲水仙・口紅水仙・喇叭水仙
(可愛いラッパ)。
そよ風にスウィングする水仙群は、
音のない音楽会。
春の息吹がペンキを肩にお花畑を染めていく♪
(タクロー)

[PR]
by tohisuyah | 2013-03-25 02:18 |

円空仏

昭和より どれほどの手に 五円玉

団塊にとって昭和40年代は青春時代。
ふと手にした五円玉に昭和42年や45年があると、この五円、どのような旅をした五円かと思う。
人間同様に、苦労を滲ませるものや、比較的ピカピカのもある。
神はどちらを慈しむのか。

[PR]
by tohisuyah | 2013-03-24 23:40 | 四季

富桜よろしく三十六景

桜咲く コニーデボルケーノ 富士日本

葛飾北斎の描く富士山から横山大観まで、
富士は日本一の山。
春分け入って、花咲爺さん灰を撒く。
地下層では、霧島・白山・乗鞍・富士・鳥海・那須・千島の火山帯が、ボイラを焚き桜前線。

[PR]
by tohisuyah | 2013-03-23 10:03 |

うぐいす姫

鳥は鳴き 枯れ木に花の 春彼岸

止まっていた時計の針が回りだすと、屏風絵の中に閉じ込められていた花鳥草木が動き出す。
生命の躍動こそが、この世の春。
窓を開ければ、黄砂セシウム大気汚染では、世界は野戦病院化し、時計は針を回すだけのオモチャとなる。

[PR]
by tohisuyah | 2013-03-22 22:15 |

季節理

寒戻り 咲くかやめよか 酔い桜

名も知らぬ 草にも花の 春や春

北風や 済度の願い 悲し別

[PR]
by tohisuyah | 2013-03-21 18:07 | 四季

子連れ大神

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by tohisuyah | 2013-03-20 15:47 | 四季