盲亀の浮木  序破急の如く


by tohisuyah
カレンダー

<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

天智天皇(626~671)

秋の田の 刈り穂の庵 露にぬれ

秋の田の かりほの庵の とまをあらみ
わが衣手は 露にぬれつつ
(中大兄皇子)
藤原鎌足と結び、蘇我入鹿を倒し大化の改新。
近江に遷都とともに即位、天智天皇となる。

[PR]
by tohisuyah | 2015-10-28 20:49 |

春日節

春日なる 三笠の山の 八郎忌

ラジオ深夜便、春日八郎(大正13年10月9日~平成3年10月22日)
別れの一本杉(昭和30年)・お富さん(昭和29年)・山の吊り橋(昭和34年)
・赤いランプの終列車(昭和27年)・ロザリオの島(昭和39年)etc.の曲が夜のしじまを破って、昭和へと誘う。

天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも
(安倍 仲麿)

[PR]
by tohisuyah | 2015-10-24 07:24 | 四季

耳鼻咽喉科

丹桂や 花から鼻へ 金木犀

「百聞は一見に如かず」からテレビジョンが世界を網羅する。
ところが、目に見えない存在は画像を結べない。
グルメ番組で、その味を伝えるのは至難の業である。
香りもしかり、鼻センサーで感じたものを他者に伝えるには、経験則と想像力に頼るしかない。
電波画像で占拠された現代人の頭脳は、見えない領域が疎かになり、神をも畏れぬ偽装疑惑紛争戦争で余白のない映像を受信し続けている。

[PR]
by tohisuyah | 2015-10-21 20:35 |

政治の模範堂 ムヒカ。

薔薇にトゲ  ムヒか赤チン  遠い空

ウルグアイの元大統領、ホセ・ムヒカ。
大仏次郎のパリ燃ゆを読んだのが18才の頃。
コミンテルンのブランキ18年も投獄された事に驚いた。
ムヒカ氏も13年、マンデラ氏は35年、レジスタンスで投獄された者、枚挙に暇なし。
歴史は思想を楯に分配を争って来た。
「18才の選挙権」学生運動のない現在の若者は、何思う。

[PR]
by tohisuyah | 2015-10-17 09:04 | 四季

赤バット軍団。

川上の 滝に阻まれ 鯉流れ

黒田がカープに復帰した時には、今年は優勝かと期待したが、昨夜その夢は断たれた。
なにしろ、打たないことには勝てない。
ボールが止まって見える目を養い、赤ヘル軍団が赤バットを振れば、全員が川上哲治となる。
打撃神様の揃い組ならば、来年の優勝・・・間違いなし。

[PR]
by tohisuyah | 2015-10-09 08:49 | 四季

路傍の意思。

イタドリや 花九十食いて ほくそ笑む

ラジオ深夜便、今日の花暦はイタドリ。
痛みを取る薬草との事。
鼻糞丸めて萬菌丹。
団塊の幼少期は、道端ストアの、野いちごやスカンポから、桑の実、ザクロ、びわ、イチジクなど、直に口にしたので、免疫体質なのかも知れない。
未だに、イチジクやらびわは、買ってまで食おうと思わない。
今度会ったら子や孫に、花九十食った経験の有無をアンケート。

[PR]
by tohisuyah | 2015-10-05 08:49 |