盲亀の浮木  序破急の如く


by tohisuyah

森林太郎木

舞姫や 津和野恋しと 鴎鳴く

明治の武人や文人は、海外に目を向けていた。
勝麟太郎(1823~1899)は、勝海舟と号した。
森林太郎(1862~1922)は、森鴎外と号した。
海辺の鳥の鴎に託して、鴎外と号した。
文久2年、石見は津和野の藩医の家に生まれ、東大医学部・ドイツ留学。
雁や阿部一族など執筆。
ゲーテのファウストも翻訳している。
大正11年の今日が命日。
果たしてメフィストフェレスに出会ったか否か?
三鷹市下連雀の禅林寺には、森林太郎の墓とある。

[PR]
by tohisuyah | 2014-07-09 22:04 |