人気ブログランキング |

盲亀の浮木  序破急の如く


by tohisuyah

2009年 03月 19日 ( 2 )

知手行足

春分や 日足がのびて 手がのびて

明日は春分。
春宵も曙も値千金。
一日の余白がほのぼのとした遠い昔、おそらく人類は、四足から立ち上がって前足を捨てて、手を手にしたに違いない。
その手は良いことにも悪い事にも手出しをし、その手クノロジーは、宇宙空間までディスカバリーしている。やがては時間まで手が届くのかも知れない。

by tohisuyah | 2009-03-19 12:36 |

青陽の春

吉井戸に ルオーたてかけて 梅の風

NHKラジオ深夜便は銀座の画廊吉井長三さん。
ルオーに魅せられて、絵を育てる華麗な額縁を描いた人生。
銀座とパリを結びコマンドゥール受賞。
故郷の尾道と甲斐駒や八ヶ岳を仰ぎ見る清治に、白樺美術館を建てて海と山を結ぶ。
これからは、夢だった絵描きになって和作・平山・吉井と、尾道の生んだ画王となるに違いない。

by tohisuyah | 2009-03-19 00:13 |