人気ブログランキング |

盲亀の浮木  序破急の如く


by tohisuyah

<   2012年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

分配

天龍も 堕ちて流れて へび鰻

ねずみに米俵は担げない。
独裁政権に援助しても人民まで届かない。
日銀が輪転機をフル回転しても、
銀行や大企業がため池となる。
団塊が学生の頃、荷物は駅留めだった。
苦労の猫は、龍を鰻に小分けして宅配。
めでたしとなる。

by tohisuyah | 2012-12-18 22:21 | 四季

千日手

寒月や 千夜一夜の 夜明け前

こうすればこうなった。
千夜の夢も、
面白くなければ一夜で醒める。
自民公明民主維新みんな共産社民大地未来新党日改革と、こうも乱立では、
雨後の竹薮看板倒れ。
戦い終えて日が暮れて、新アラビアン・ナイト。

by tohisuyah | 2012-12-17 11:04 |
朝飯後 今日の努めの 薬飲む

冬の日の 凱旋パレード 六万人

冬の暮れ 投票場の 薄明かり

by tohisuyah | 2012-12-17 07:45 |

吃水線

満載の 紀伊国屋丸 みかん船

今朝のニュース。
ネット犯罪で四人を誤認逮捕にはほくそ笑む。
相場用語に「相場の損は相場で取り返す」があるが、大概返り討ちとなる。
「見切り千両が正しい」
安倍総裁の「取り戻す」は、300議席か国民の信頼か。
みかん大尽、
紀伊国屋文左衛門の末路は新島送り。

by tohisuyah | 2012-12-15 22:17 | 四季

デカンショー

フィンランド 地球一番 ミクシかな

ヘルシンキといえばフィンランド。
サウナといえばフィンランド。
ミクシとは、フィンランド語で「何故」のことである。
(N地一)
詰め込みから考える教育への転換のキーは、
「何故」。
純粋理性批判・実践理性批判・判断力批判。
カントの批判哲学が、荒廃した教育のメシアとなるか。
孫の世代に間に合うか。

by tohisuyah | 2012-12-14 10:19 | 四季

明星と平凡

牡蠣くえば 清水寺に 金の龍

曙の 冬はつとめて Venus

年の瀬や 我が家に辰も 巳もおるぞ

by tohisuyah | 2012-12-13 09:35 |

日章旗

大雪の 白地に昇る 朝日かな

日本列島雪化粧。
師走の大雪は冬将軍の討ち入りか。
寒さを背中に感ずるのは、やっとかめ。
あと20数えると、お正月。
(2012,12,12)

by tohisuyah | 2012-12-13 00:22 |

ダイナマイト

福寿かな シンデレラボーイ ノーベル賞

山中伸弥京都大学教授にノーベル医学生理学賞。
臨床では、邪魔中と揶揄されたシンデレラが、
医学生理学では様変わり。
まさにシンデレラボーイ。
12時回っても、魔法がとけない夢の世界。


戦経て 平和の中に 願いあり
(ファンロンパイEU大統領)

by tohisuyah | 2012-12-11 22:49 |

カラコラムホテル

底冷えの 雪やこんこん コンクラヴェ

Nスペ。
ヒマラヤ8000米峰、全山登頂の竹内洋岳氏。
山好きなら、「白きたおやかな峰」にビバークして、満天の星に抱かれて眠りたい。
「ヒマラヤ8000米は、歩いて行ける宇宙」の言葉が、登山家竹内氏を神の領域へと誘う。

by tohisuyah | 2012-12-10 10:01 | 四季

切狂言

勘三郎 十八代目 十八番

中村屋十八代目、勘三郎。
誕生の時も逝く時も、鳴り物入りの57年間。
家相と相性が合わなかったか、
杮落としに間に合わず。
天は、楽しますものを召し上げて、
多くの涙を流します。

by tohisuyah | 2012-12-08 21:13 | 四季