盲亀の浮木  序破急の如く


by tohisuyah
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2013年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

火の用心

カンカンと 師走の街を 消防車

「火事と喧嘩は江戸の華」けたたましいサイレンの音も、師走の街の風物詩か。
八百屋お七も、付け火容疑で焚刑に。
それにしても日銀が大量に刷った福沢諭吉は、今どこに?

[PR]
by tohisuyah | 2013-12-09 00:28 |

岩窟王マンデラ

萬寺や 暴れる兵徒 時津風

賢い為政者は民を豊かにし、小さき為政者は民を貧しくするのが世の習い。
歴史上、自慢出来る国と、自慢の出きる政治家はどれほど存在しただろうか。
各国の首脳は、マンデラ南ア元大統領の死を悼み、歴史に残る英雄として讃美する。
某国では秘密保護法とやらが深夜成立する。

[PR]
by tohisuyah | 2013-12-07 07:51 | 四季

水の精

洗車機の 轟音響く 中に虹

天空にわたる虹もあれば、洗車機の中にできる小さな虹もある。
虹に気がつかない場合もある。
あらゆる事象は、現れては消える虹のような事かも知れない。
ありがたい錦の景色の時間は短い。
 (渡邊裕則氏逝く六十三歳 合掌)

[PR]
by tohisuyah | 2013-12-07 07:45 | 四季

心頭滅却

山猿も 温泉浸かり 恵比寿顔

冬眠のない動物は、毛皮に包まれてとは言っても、さぞや寒かろう。
地球の地軸が
少し傾いている故の少しの温度差。
太陽から地球が遠のけば凍死、
太陽に近ずけば焼死。
あなたは、どっちを選ぶかという物語が昔あったげな。

[PR]
by tohisuyah | 2013-12-05 17:16 |

七つの子

餅搗きの 音さえ消えて カラス鳴く

時の流れは、新しいものを古くする。
赤ちゃんは青年に、
青年は中年に、
中年は老人に加齢する。
時間にも香りはあるのか無臭の国に。


平成も 四半世紀の 師走かな

[PR]
by tohisuyah | 2013-12-04 22:49 |

冬模様

外交官 カジノ通いで 火事疑惑

冬の日に 焚火にあたる 子供なし

大節季 戦いよりも 助け合い

[PR]
by tohisuyah | 2013-12-04 10:06 |

師走

雪の中 餅代運ぶ 笠地蔵

倍返しも、恩返しとなるとありがたい。
日本の景気浮揚の一手は、
駆け込み需要である。
かつて、賞与のボーナスが、その役目を果たし、盆暮れには消費が進んだ。
相手を思いやる心を失った時代には、笠地蔵も神通力を失い、ただ雪の中。

[PR]
by tohisuyah | 2013-12-02 21:37 |